○o。夢咲白書。o○ 水無月~芒種ノ拾四 越後~信州路~其の七・・☆

(*ホームページ限定バージョン)

 

松本を後にし 再び食材探しの途へ

 

 

特に予定してなかった場所も訪れます

 

 

地元民が多かった

こういうところがいいんです

 

 

ふむふむ

 

 

やっぱ 山菜やキノコ類の品ぞろえが充実している

お肉の付け合わせにもいいし

いずれ その辺も紹介していこう

 

さて お腹もすいてきたし・・・

 

 

今回一番行きたかったお蕎麦屋さん

「安曇野 翁」

 

 

池田町の山間にある 落ち着いた佇まい

 

 

「達磨 翁グループ」にあっても 「翁」の名が付くお店は特別

この「安曇野 翁」の若月さんは かの高橋名人の一番弟子!

 

 

翁さんの定番?

ウマいに決まっている☆

 

 

いなかそば (黒蕎麦)

 

 

やや緑がかった田舎からは なんという蕎麦の香り

蕎麦がまるでアスリート 体操界の内村航平さんを連想させる☆

 

 

こちらは 鴨せいろ (白ざる)

 

 

う~~~ん

蕎麦がまるでフィギュアスケート 憧れの羽生結弦さんを連想させる 

こんな精細な味わいの蕎麦は めったに食えるもんじゃない!

他のお弟子さんのお店も十分美味しいのだが

若月さんの蕎麦打ち力と北アルプスの伏流水は本当にスゴイ!

水も これほど違いがあるのかと感動

だから 安曇野なんですね・・☆

 

このあとも 仕事でいろいろ回ったが

食べてから3時間たっても

口から鼻に抜ける蕎麦の香りが途絶えることはなかった

ご挨拶もさせていただいた若月さん

ご馳走様でした☆ 必ず再訪します

 

さて 今夜の宿は ちょっと別格です

このぼくが 「別格」と語る宿とは・・☆

 

(Probably to be continued)

 

 

(夢咲案内人 Wrote)

 

*「夢咲案内人の閑話夢題」はお休みで~す m(^^)m