○o。夢咲白書。o○ 如月~雨水ノ弐壱~ ・・☆

(*ホームページ限定バージョン)

 

「差し入れお願いします」

 

ある地元の方が その日に泊まったゲストの友人だったようで

船盛りをプレゼントされた

 

 

地元の方の依頼ということもあり

房州海老にあわび 中トロにボタン海老

あえて金額は言わないが

お値段以上 ●トリ~(笑)

 

贅沢は敵かもしれないが ご褒美はあなたの味方です・・☆

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

恒例になった 10年以上前の懐かしい原稿シリーズ

 

今回は「旅の方程式」です

コーヒーでも飲みながらどうぞ~

 

 

旅を楽しむことのできる期間は、1回の旅でも3通りある。一つ目は、旅行計画を組み立てる準備期間。2つ目は、実際に旅を楽しむ旅行期間。3つ目が、その時の旅を思い起こしたり反省したりする、旅の余韻期間である。

旅名人たちはこの中で、旅の準備期間を最も大切にしている。案内人もその一人だが、その旅行計画を組み立てる際に、絶対必要な方程式がある。それが「5W2H」である。5W1Hならご存知の方も多いと思うが、「When(いつ)」「Who(誰が)」「Why(なぜ)」「Where(どこへ)」「What(なにを)」「How(どのように)」と言う意味。ここにもうひとつの”H”である「How much(いくらで)」を加える訳だ。

今回の旅行は「いつ行くのか」「誰と行くのか」「動機は何なのか」「いくらで行くのか」「どこに行くのか」「何をしに行くのか」「どのように過ごすのか」これさえしっかりチェックすれば、旅の計画は完璧になるだろう。例えば今回は、「今度の連休に(When)」「家族で(Who)」「お母さんの誕生日を祝うため(Why)」「アニバーサリープランで(How much)」「南房総千倉温泉へ行って(Where)」「エステ体験を楽しんでもらいながら(What)」「のんびりと過ごす(How)」と言う感じ。どうです、わかりやすいでしょう?

みんなもこの「5W2H」の方程式を、是非次回の旅行計画に生かしてほしい・・☆

 

さて、「失敗しない旅館選び・フラッとお出かけ編」第12回、こんな宿を選んではいけないよ!

<ポイント20> なにかとありがたい特典が多い宿

同じ旅をするなら、特典が多い方が良いに決まっている。という訳で、「特典満載でお薦めの宿!」という旅行会社さんの話を聞いてみた。お酒1本付き!(ビール、焼酎には変更できません・・)エステ10%オフ券!(15000円が13500円か・・)ラウンジでの1杯目のドリンク半額券!(2杯目は定価の1000円でしょ・・)カラオケルーム20%オフ券!(3000円が2400円か・・)有料の貸切風呂が20%オフ優待!(これも2500円が2000円・・)輪投げゲーム1回無料券!(200円だろ・・)さらに、海の家優待券付き!

・・・これって、下心がミエミエですよね。何かひとつでいいから、それを無料にしてくれた方がよっぽど良心的じゃないのかな!?(^0^;

 

(ここまで)

 

”5W2H” どこに重点を置くかで すべて内容が変わるんだよ(^。^)

 

(夢咲案内人 Wrote)