○o。夢咲白書。o○ 如月~立春ノ九~ ・・☆

(*ホームページ限定バージョン)

 

南房総の美味しいランチのお店って

火曜日がお休みのところが結構多いんだ

大徳家さんやサンドカフェ、でんでん虫なんかもそう

そんな火曜日に助けてくれるお店の一つが

イタリア食堂☆ 月曜休みです

 

 

サラダのバルサミコソースが秀逸

パスタも美味しいが リゾットもイケる

オドーリキッチンさんのリゾットを「大人の王道」とすれば

イタリア食堂さんのリゾットは「お母さんのやさしさ」という感じ

作ってるのは男性オーナーだけどね~((笑)

 

お休みなら スパークリング&赤ワインと共に・・☆

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

 

忙しい毎日を過ごすうえで

どうやってアポの優先順位を決めていくか

悩んだことがあった

その頃にあった実話で

このことがぼくの生き方を変えたのかもしれない

 

そんな10年以上前の原稿です

コーヒーでも飲みながらどうぞ・・☆

 

 

◆はずせない約束

 

誰にでも、是非会ってみたい人が1人や2人はいるだろう。遠い存在だが憧れの人・・・ぼくにも何人かいる。そんな人に会える機会はめったにないものだが、それが実現したことがあった。名前は差し控えさせてもらうが、経済界や政治界に大きな影響力を持つ人物である。ちなみに、男性ですよ。^0^

たまたま同じ大学ということで紹介に預かったが、卒業学部も一緒だったり、人生観や趣味にも価値観を共有することができる先輩だったこともあり、今度食事を一緒にどうだい、ということになった。とても忙しい人なので、恐る恐る聞いてみた。

ぼく 「来月なら、いつごろご都合が付くでしょうか?」

先輩 「え~~と(秘書と言葉を交わし、手帳を見ながら)、第1週の金曜日以外ならいつでもいいよ。」

ぼく 「え~、お忙しいのにそんなはずはないかと。本当に大丈夫ですか?」

先輩 「大丈夫、大丈夫。結構暇なのだよ。」

笑ってこう仰っていただいたので、スムースにその食事の日を迎えることができた。かなり気持ちが高揚していたので、その日に何を語り合ったかは、よく覚えていない。でも、たったひとつだけ、鮮明に覚えていることがある。それがこの会話だ。

ぼく 「・・・ちょっとお聞きしたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?」

先輩 「なんでしょう?」

ぼく 「約束の日にちが決まったあと、(先輩の)秘書に方に聞いたのですが、実はあの時点で、ほとんどの日にちに予定が入っていたそうですね。ずうずうしくて本当に申し訳ありませんでした。」

先輩 「秘書が余分なことを話してしまったな。気にしないでくれ。」

ぼく 「そこでどうしても伺いたいことがあるのですが、”第1週の金曜日、というたった1日だけ、どうしてもはずせない約束がある”と先輩は仰いました。無理にとは言いませんが、そんな大事な約束って、なんだったのだろうかと。」

(ちょっといたずらっぽい表情を見せながら・・・)

先輩 「なんだったと思う?」

ぼく 「(まじめな顔で) ●理大臣との会食あたり、かと。」

先輩 「ふふふ、それは別の日にあったけどね。」

ぼく 「!!それ以上に大事って・・・なにがあるんです?」

(一呼吸置いて・・・)

先輩 「なんてことはない。実は、家族と外で食事をする約束をしていたのさ、久しぶりにね。仕事の約束なら調整がきく場合もあるが、大切な家族との貴重な時間を、これ以上割くことはできないから。」

 

本当に「はずせない約束」とは何なのだろう。

本当に「必要なもの」とは何なのだろう。

本当に「大切な人」とは誰なのだろう。

本当に「自分らしく生きる」とはどういうことだろう。

ふと立ち止まって考えてみる、そんな自分だったら好きになれるかもしれない。

 

(ここまで)

 

本当に大切なものを忘れちゃいけないよね (^。^)

 

(夢咲案内人 Wrote)

 

○o。夢咲白書。o○ 如月~立春ノ六~ ・・☆

(*ホームページ限定バージョン)

 

めったにとれない南房総での休日

その時間を過ごすのに ぼくなりにお気に入りの空間がいくつかある

そのひとつが「大徳家」さん

 

 

あまりに真面目でステキなマスターなので

ぼくが少し遊び心を伝授中~((笑)

最近は おまかせ握りだけじゃなく 酒の肴がさらに充実

夜 使い物にならなくなるのを承知で

イモ焼酎 日本酒の世界へ www

 

この日は張り込んで「森伊蔵」も頂いたが

イモ焼酎の「三蔵」が秀逸だった

 

 

超限定品なので 中々手に入れることはできない

マスター 一本譲って頂いて 本当にありがとう☆

 

美味しい料理とお酒さえあれば

人生は生きるに値する・・☆

 

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

 

先日紹介した「20世紀最後の原稿」に

続きがあるのを発見した

前回は「旅館編」今回が「ホテル編」だ

 

相変わらずふざけているが((笑)

結構ホンネを語っているように思う

 

もう一度言う

20世紀の原稿である

お酒でも飲みながら 読み流してくれい

 

☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°

 

夢咲案内人は、「ホテル」が嫌いです‥‥

 

□月△日 今日も絶好のドライブ日和、前回の旅行で行った旅館は、ちょっと失敗だったんで、今度はしっかりしたホテルを予約してあるんだ。彼女と二人で、横浜の中華街で飲茶をした後、アクアライン経由でベイリゾートに向かった。僕たちお気に入りのTDR!‥に程近いそのホテルは、ベイリゾート中では小型だが、女性には人気のホテル。

 

(今日は期待できそうだ。)

 

前回はシーに行ったんで、今回はスターライトでTDLに入る。原点回帰のスペース、スプラッシュ、ビッグサンダーマウンテンと乗り継ぎ、夜のパレード‥‥ホーンテッドマンションで一休みすると、もうすぐ閉園という時間になった。

 

(時間がたつのがはやいなぁ‥)

 

というわけで、ホテルにチェックインに向かう。「泊まる人くらい、駐車料とらなくてもいいのにね。」と、彼女が言う。(確かに‥)とてもファンタスティックなエントランスを通り、フロントでチェックインしようとすると、なんとチェックインする人の山、山!山!!だった。

 

(どのくらい時間、かかるんだろう‥)

 

ベルボーイに聞くと、「TDLの終了時間の頃は、込むんですよ。もう少しお早いと‥」‥しょ~がないから並んで待つこと20分、やっと僕たちの番となってチェックインしたけど、「部屋までご案内するには、もう少しお時間を下さい。」とのこと‥「じゃ、いいです、僕たちで行きますから‥」(これ以上、待てないよ。ふ~ぅ)

「ねぇ、海はもう真っ暗だけど、向こうに見える夜景がキレイよ!」‥やっと部屋に入って、ホットした僕たちの部屋は8階、広めのツインで眺めが最高のようだ。明日の朝は海もはっきり見えて、もっときれいだろうな。(奮発して、いい部屋とって良かった!)さらに、バスルームがしゃれていて、広めのバスタブの脇にあるルーバーを開けると、ベッド越しに海が見えるようになっている。

 

(これはなかなかやるなぁ‥)

 

そうこうしていると、彼女が見るとはなしに、テレビのスイッチを入れた。ボリュームを大きくしている‥(うるさいけど、なんだ?)‥「テレビ見ててね‥」‥ん?‥!!‥‥そうか!バスルームに開放感があるということは、トイレの音もまるまる聞こえるって事だ。‥(ということはニオイも、だよね‥)‥それじゃ、恥ずかしくて、ウン○が出来ないじゃないか!

 

(しゃ~ない、僕は外でしよう‥)

 

落ち着くと、無性におなかが減ってきた。(そういえば、夕食がまだだ‥)ホテルのレストラン案内を見ると、大体のお店がもうクローズしてしまっている。「ルームサービスはどうかな?」とメニューを見た。ファミレスなら1,000円以内のメニューに、天文学的数字が並んでいる‥

 

(見なかったことにしよう)

 

‥結局、また外に出よう、ということになった。車で街に出て軽めのドライブ、焼肉屋さんで食事を済ませた。腹ごなしにちょっと散策してみると、ボーリング場があったので、つい2ゲームやってしまった。(これだけ使っても、あのルームサービスより安いんだ‥)ヘンに得した気分になった。

旅館の高い冷蔵庫料金でこりていた僕は、帰りがけ、セブンで飲み物を買いあさった。部屋に戻って、120円のコーラを飲んでいると、「これ、おいしそう~!一緒に食べる?」と彼女。‥なんと冷蔵庫の上に、たくさんのお菓子が並んでいるじゃないか!

 

(節約したつもりが‥何にもなんない‥)

 

ボーリングが、彼女の食欲を又、刺激してしまったようだ。でも、ここでご機嫌を損ねては、よ、夜の‥‥

 

(‥気が済むまで、食べて‥)

 

「ねぇ、ねぇ、ねぇってば~!」翌朝、彼女の長い髪に鼻をくすぐられて、目を覚ました。「海が、きらきらして、ん~、とってもキレイよ!」‥めずらしく早起きした彼女は、ご機嫌のようだ。外を見渡すと、横浜の町、遠くに富士山まで見える。

 

(うん、うん、きてよかった‥)

 

彼女が着替えて化粧している間、僕は新聞を読んでいたが、まだ朝食バイキングに間に合う時間なので、バイキング会場へ行った。「うわぁ~並んでるわよ。」と彼女。

 

(またか‥)

 

これもしょうがないから、並んで待つこと25分‥やっとありつけました。食べてみると、結構おいしいでないの!満足しながら周りを見回すと、子ども連れの家族が一杯‥(う~ん、ほほえましい‥)と思っていると、なんと「運動会」が始まってしまった!食べ終わった子どもたちが、飛び回っているのだ。その親を見てみると、「こらこら、やめなさいよ。」とは言っているものの、食事の手を休めることも、止めにいくこともしない。「もう、うるさいんだから‥」と再び、ご機嫌斜めの彼女。

 

(まったく、親の教育が悪いんだか、僕の教育が悪いんだか‥)

 

部屋に戻り、荷物をまとめてチェックアウトに向かう。すると、「見てよ、あれ!」‥(また、またか~)‥長蛇のチェックアウト待ちの列だ‥‥ん!?彼女の眉間に、しわがよっているではないか!‥こ、これは、危険極まりないウルトラマンのカラータイマー点灯状態!

 

(3分以内に手を打たねば‥)

 

僕「イ、イクスピアリ、行ってみない?」
彼女「‥何しに行くのよ‥」
僕「ほら、ショッピングも悪くないじゃない、楽しいよ、きっと!」
彼女「‥じゃ、何か買ってくれるの?」
僕「も、も、もちろんだよ~」
彼女「いく、いく~!」

 

何とか3分以内に、彼女のご機嫌が戻り、再び地球に平和が訪れた‥

 

さらに、20分待ってチェックアウトを済ませた僕たちは、そんなわけでイクスピアリに向かった。不幸にも?お目当ての買い物が出来た彼女は、「楽しかったね~また来ようね!」と笑顔・・・

 

(もう、金がね~よ!!)

 

と言えない僕は、「‥うん、又来ようね‥」

 

‥僕の今月の生活費はどうなるんだろう‥トホホ‥

 

☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°☆.:*・°

 

う~ん、つい思い出すあの頃・・・^^;

 

(夢咲案内人 Wrote)

 

○o。夢咲白書。o○ 如月~大寒ノ節分~ ・・☆

(*オープンバージョン)

 

節分ですね

「大寒」から「立春」へと変わる節目の日です

 

ある調査によると

「豆まき」をする人よりも「恵方巻」を食べる人の方が多くなったと言います

某大手コンビニさんの影響力が大きかったような・・((笑)

 

 

新渚感【輝kira】のお部屋に置かれた福豆です

今日も満室なので(感謝☆)

もちろんすべてのお部屋に用意してあります

お部屋には巻かないで

召し上がってくださいね~

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

昨日のお刺身もスゴかったなぁ

 

 

有東木の本わさびが見えますね

お醤油だけで食べるのは もったいないですよ

うふふ・・☆

 

(夢咲案内人 Wrote)