○o。夢咲白書。o○ 卯月~春分ノ壱~万愚節 ・・☆

(*オープンバージョン)

 

なるほどねぇ・・☆

 

 

夢みさきには本当にたくさんの食いしん坊が集まってくる

豪華な少食シリーズでズバッと来る人が多いが

基本の和食創作コースに好きな特別料理を重ねる人も増えてきた

 

このゲストさんは

黒毛和牛のローストビーフ付きプラチナムステイに

カニの盛り合わせとイクラを合わせてきた

 

やるねぇ~(^-^)

 

「旅館のお仕着せ料理」

 

そんな言葉は夢みさきでは死語になっている・・☆

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

 

10数年前の旅行ライター時代の原稿がまた出てきた

「赤チン」の話なので、かなり古い話である

だが、いつまでも変わることのない話である

 

 

<消えない赤チン>

ある読者からもらったメールからの件(くだり)。

岩手に思いつくままに出かけてしまった時のこと。

泊まった宿は、猊鼻渓の近くにある民宿。

粗末な部屋に粗末なお風呂、食事も家で食べるようなもので、

「しまった、失敗したかな?」と呼び込みに誘われたことに後悔しました。

 

しかし、おばちゃんやおじちゃんの温かい心づくしや、

自転車で転んで宿に帰ったときにつけてくれた「赤チン」のサービスなど、

まるで田舎に帰った孫のように優しくしてくれたことに、

何て居心地の良い宿を選んだものだと、うれしく思いました。

 

旅から帰って来てからも赤チンはなかなか消えなく、

その赤い色を見るたびに、みなさんをあったかな気持ちで思いだしたものでした。

何が良くて何が悪いかなんて、旅先ではチョットしたこと。

帰って来てから心に何が残っているかの問題だと思います。

また岩手に行くときには必ずまた泊まりたいものです。(ここまで)

 

みんなにもお分かりいただけただろうか。

その宿の存在が、心に残るかどうかですべての評価が決まってしまうこともある。

 

快適な宿に泊まると、雄弁になる。

心に残る宿に出会うと、寡黙になる。

ステージの違う旅空間はいつも自然体。

 

心に残る宿に出会えるかどうかで、あなたの旅人生は決まっていく☆

 

(夢咲案内人 Wrote)