○o。夢咲白書。o○ 皐月~小満ノ参壱 阿蘇路~其の八・・☆

 

(*ホームページ限定バージョン)

 

「た~っぷり用意していますよ☆」

と 牛名人が告げた

 

いよいよ今日はあか牛の試食日

少しずつ全部所・・とお願いしておいた

もう後戻りはできない

 

「案内人版☆豪華な少食」に望むような気持ち?((笑)

 

 

試食はこのお店を使わせていただいた(感謝☆)

 

「牛の一頭買い」という言葉はよく聞くかもしれないが

牛は縦に真ん中から二つに分けて半丸 まず「枝肉」として仲買される

その際 「内臓」は前もって別ルートへ流される

下町や裏通りに行くと「内臓専門」のお店が多いでしょう?

一頭買いと言っても基本 内臓は別なんだね

牛名人のところでは 両方とも扱えるのが強みだ

 

 

この上図が「肉」ではなく「内臓」を示したもの

聞いた名前もあるし 聞かない名前もあるでしょう

 

早速内臓から試食に入る

全部所は紹介できないので 主だったところを

 

 

まずは牛でなく馬 「馬刺し」

これは希少な生 濃厚で味わい深い☆

通常は「冷凍」になる

 

さぁ 牛の内臓さん

 

 

まずは「上タン」 「舌」のこと

タンは根元を「タン元」先っぽを「タン先」という

当然太いタン元が上級品になる

 

 

「極上タン」 タン元の一番いいところ

画像上の部位が通常のタンとして出される

下の部分は別に使うのが普通

いつも言うように極上タンは ディープキスの味わい☆

 

 

「ミノ」 牛さんの「第一胃」

肉厚の弾力ある食感を楽しみます

ぼくは大好きです☆

 

 

「赤センマイ」と「シマチョウ」

「赤センマイ」は牛さんの「第4胃」

「ギアラ」とも呼ばれる

 

「シマチョウ」は小腸のことです

いずれも歯ごたえと弾力に富み なかなか嚙み切れません

噛んでいくうちに旨みが口に広がっていきます

それでも噛み切れないので

適当なところで飲み込みます~(^0^)

 

さて いよいよ「肉」の部位を食べましょうか・・☆

 

(Probably to be continued)

 

 

(夢咲案内人 Wrote)

 

*「夢咲案内人の閑話夢題」はお休みで~す m(^^)m