○o。夢咲白書。o○ 如月~雨水ノ弐四~ ・・☆

(*ホームページ限定バージョン)

 

魚介類 なにを喰っても ウマい季節

 

 

先日オーダーを受けた 地物・ヤリイカのお刺身

イカにもウマそうであ~る((笑)

 

そのゲストと会話を交わしてみたら

結婚7周年の記念旅行だという

 

「ふ~~む・・・」

 

 

ちょっとだけ 宝石をちりばめてみました

 

笑顔が もっと輝くように・・☆

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

村上春樹さんの新作「騎士団長殺し」が発売された

ハルキストにはたまらない日でしょう

ぼくも多分読みます 少したってからね

 

そういえば こんなラブストーリーを書いたこともあったな・・・

 

夜落ち着いたら ワインでも飲みながら 読んでみてください

かの映画がロードショーになっていたころの原稿です

 

■LOVE STORY〜2011 Winter Ver.

 

「ラストオーダーまであと1時間ですが…」

 

マニュアル通りの笑顔で

その娘(こ)は伝えてきた

夜景のキレイなこのお店

夢を語るには短いけれど

心に刻むには十分な時間

 

ミントの香る甘めのカクテルを

ちょっともてあましていたぼく

赤ワインが好きなのを知っていた彼女は

そっと

そのカクテルを自分の元に引き寄せて

モンテプルチアーノの赤を

オーダーしてくれた

 

「私はお子ちゃまだから…」

 

そう言って彼女は微笑む

ワインとカクテルでもう一度乾杯

甘さと渋さが夜の闇に交錯し

屋形船が冬のホタルのように群れをなす

 

その光は

夜のパレードの誘惑

深夜のイカ釣り舟の幻想

ゆれる心の中で

見え方も変わっていく

 

そんなぼくを見ていた

オリオン座のリゲルが話しかけてきた

 

「君は今 どこにいるんだい?」
       ・       ・
       ・
ぼくは今

一体どこにいるのだろう

心はどこにあるのだろう

 

「私たち、どこにいくんだろうね」

見透かしたように

彼女は小さくつぶやいた

 

そこには

ビートルズの「ノルウェイの森」が

流れていた

 

(ここまで)

 

村上春樹とビートルズに捧ぐ・・☆

 

(夢咲案内人 Wrote)