○o。夢咲白書。o○ 如月~雨水ノ弐六~ ・・☆

(*オープンバージョン)

 

いつでもいろんな食材が食べれるようになった

ただ

あまりにも養殖モノ・温室モノが出回りすぎて

食材の旬が分かりにくくなってきている

 

クリスマスケーキに必要ということで

冬に出回るようになったイチゴ

本当の旬は夏なのにね

 

だから

”旬の食材を食べる”

とても大切なことなんだ

 

 

メカブ・生ワカメがまさしく旬です

朝のバイキングコーナーでたっぷり召し上がれ~♪

免疫力アップ・整腸効果が期待できますよん☆

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

 

メカブも入れた案内人流の最強☆免疫力増強メニュー

そっと紹介

 

 

 

見た目が良くないと思ったでしょう

そこのあなた!

確かに・・(^^;)

 

さて そのレシピは

納豆 キムチ メカブ タマゴ 生姜&玉ねぎパウダー

醤油やお好みの調味料でお試しあれ

 

効能は・・・

自分でネットで調べてみるといい

ここでは書ききれない・・☆

 

(夢咲案内人 Wrote)

 

 

○o。夢咲白書。o○ 如月~雨水ノ弐四~ ・・☆

(*ホームページ限定バージョン)

 

魚介類 なにを喰っても ウマい季節

 

 

先日オーダーを受けた 地物・ヤリイカのお刺身

イカにもウマそうであ~る((笑)

 

そのゲストと会話を交わしてみたら

結婚7周年の記念旅行だという

 

「ふ~~む・・・」

 

 

ちょっとだけ 宝石をちりばめてみました

 

笑顔が もっと輝くように・・☆

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

村上春樹さんの新作「騎士団長殺し」が発売された

ハルキストにはたまらない日でしょう

ぼくも多分読みます 少したってからね

 

そういえば こんなラブストーリーを書いたこともあったな・・・

 

夜落ち着いたら ワインでも飲みながら 読んでみてください

かの映画がロードショーになっていたころの原稿です

 

■LOVE STORY〜2011 Winter Ver.

 

「ラストオーダーまであと1時間ですが…」

 

マニュアル通りの笑顔で

その娘(こ)は伝えてきた

夜景のキレイなこのお店

夢を語るには短いけれど

心に刻むには十分な時間

 

ミントの香る甘めのカクテルを

ちょっともてあましていたぼく

赤ワインが好きなのを知っていた彼女は

そっと

そのカクテルを自分の元に引き寄せて

モンテプルチアーノの赤を

オーダーしてくれた

 

「私はお子ちゃまだから…」

 

そう言って彼女は微笑む

ワインとカクテルでもう一度乾杯

甘さと渋さが夜の闇に交錯し

屋形船が冬のホタルのように群れをなす

 

その光は

夜のパレードの誘惑

深夜のイカ釣り舟の幻想

ゆれる心の中で

見え方も変わっていく

 

そんなぼくを見ていた

オリオン座のリゲルが話しかけてきた

 

「君は今 どこにいるんだい?」
       ・       ・
       ・
ぼくは今

一体どこにいるのだろう

心はどこにあるのだろう

 

「私たち、どこにいくんだろうね」

見透かしたように

彼女は小さくつぶやいた

 

そこには

ビートルズの「ノルウェイの森」が

流れていた

 

(ここまで)

 

村上春樹とビートルズに捧ぐ・・☆

 

(夢咲案内人 Wrote)

 

○o。夢咲白書。o○ 如月~雨水ノ弐壱~ ・・☆

(*ホームページ限定バージョン)

 

「差し入れお願いします」

 

ある地元の方が その日に泊まったゲストの友人だったようで

船盛りをプレゼントされた

 

 

地元の方の依頼ということもあり

房州海老にあわび 中トロにボタン海老

あえて金額は言わないが

お値段以上 ●トリ~(笑)

 

贅沢は敵かもしれないが ご褒美はあなたの味方です・・☆

 

(Probably to be continued)

 

 

*。*。*。*。 夢咲案内人の閑話夢題 *。*。*。*。*。

 

恒例になった 10年以上前の懐かしい原稿シリーズ

 

今回は「旅の方程式」です

コーヒーでも飲みながらどうぞ~

 

 

旅を楽しむことのできる期間は、1回の旅でも3通りある。一つ目は、旅行計画を組み立てる準備期間。2つ目は、実際に旅を楽しむ旅行期間。3つ目が、その時の旅を思い起こしたり反省したりする、旅の余韻期間である。

旅名人たちはこの中で、旅の準備期間を最も大切にしている。案内人もその一人だが、その旅行計画を組み立てる際に、絶対必要な方程式がある。それが「5W2H」である。5W1Hならご存知の方も多いと思うが、「When(いつ)」「Who(誰が)」「Why(なぜ)」「Where(どこへ)」「What(なにを)」「How(どのように)」と言う意味。ここにもうひとつの”H”である「How much(いくらで)」を加える訳だ。

今回の旅行は「いつ行くのか」「誰と行くのか」「動機は何なのか」「いくらで行くのか」「どこに行くのか」「何をしに行くのか」「どのように過ごすのか」これさえしっかりチェックすれば、旅の計画は完璧になるだろう。例えば今回は、「今度の連休に(When)」「家族で(Who)」「お母さんの誕生日を祝うため(Why)」「アニバーサリープランで(How much)」「南房総千倉温泉へ行って(Where)」「エステ体験を楽しんでもらいながら(What)」「のんびりと過ごす(How)」と言う感じ。どうです、わかりやすいでしょう?

みんなもこの「5W2H」の方程式を、是非次回の旅行計画に生かしてほしい・・☆

 

さて、「失敗しない旅館選び・フラッとお出かけ編」第12回、こんな宿を選んではいけないよ!

<ポイント20> なにかとありがたい特典が多い宿

同じ旅をするなら、特典が多い方が良いに決まっている。という訳で、「特典満載でお薦めの宿!」という旅行会社さんの話を聞いてみた。お酒1本付き!(ビール、焼酎には変更できません・・)エステ10%オフ券!(15000円が13500円か・・)ラウンジでの1杯目のドリンク半額券!(2杯目は定価の1000円でしょ・・)カラオケルーム20%オフ券!(3000円が2400円か・・)有料の貸切風呂が20%オフ優待!(これも2500円が2000円・・)輪投げゲーム1回無料券!(200円だろ・・)さらに、海の家優待券付き!

・・・これって、下心がミエミエですよね。何かひとつでいいから、それを無料にしてくれた方がよっぽど良心的じゃないのかな!?(^0^;

 

(ここまで)

 

”5W2H” どこに重点を置くかで すべて内容が変わるんだよ(^。^)

 

(夢咲案内人 Wrote)